インディバ

インディバって何?

最大の特徴は「深部加温」 を可能にできること。 表面だけではなく、体の深いところの温度を上げることで、生体の基礎代謝を上げ自律神経を含め細胞、組織をいきいきと活性化させることができ、これまでの高周波温熱機器ではできなかったことをインディバは可能にできたのです。インディバは通常体温を3℃〜5℃、部位によっては7℃まで上げることができ、ジュール熱(摩擦熱)を発生させることによって、深部から活性化するということが一番のポイントです。

SALALAでは 、機能性が大幅に向上した8年ぶりの新機種「ER42]を導入しており、旧機種よりもインディバの温熱効果が持続できるようになりました。

インディバの開発経緯

photo

電磁波による温熱作用の、生体への効果に対する関心が1970年代に入ってから高まりつつあり、体内を加温することによるさまざまな健康・美容効果が考えられるようになってきていました。こうした状況から、スペイン・インディバ社では77年から、電気メスの技術を応用した高周波温熱機器の開発に乗り出しました。試行錯誤を繰り返し、ついにインディバ社の物理医学の権威、ホセ・カルベット博士が電気メス(高周波)と同レベルの周波数(中波)と機能を応用して世界で最も優れた総合美容高周波温熱機器「インディバ」が誕生したのです。

インディバの基礎メカニズム

電気メスと同レベルの高周波中波領域を応用した温熱機器で、一般的な温熱療法(例えば温泉・サウナ岩盤浴等)は熱源が体の外にあるのに対し、インディバは体内で熱(ジュール熱)を発生させることができます。

熱を発生させる仕組みは、身体にあてる電極と、もう一方のエレクトロード(戻し電極)の間を高周波のエネルギーが浸透し、細胞の抵抗力と分子移動により起こる摩擦熱であるジュール熱を発生させます。これによりエネルギーが届く各組織の温度を一時的に数度上昇させることができます。ジュール熱は高周波エネルギーの作用で生まれる温度ですが、身体には安全な電磁波で、生きた細胞にしか発生しない特性を持ちます。

「低体温」・「ストレス」とダイエット 次のページ

コンテンツのトップ

電話:042-734-9169 ご予約はお電話で
営業時間:
定休日
サイト情報
メディカルダイエット・サララは熊本県でセルライト除去と耳つぼダイエットを行うエステサロンです。