インディバ

低体温だと太る!?

最近よく耳にする「低体温」。平熱が35度台の女性って以外に多いんですよね。この低体温がダイエットに大きく影響していることをあなたはご存知でしたか?
まず自分の体温を測ってみましょう。

36.5度以上ある方は、健康そのものです。代謝も良く免疫力も高いので、病気しにくいはず。正しいダイエットをすれば、目に見えて効果がでてくるでしょう。

一方、35.5度と1度体温が下がるだけで基礎代謝力が12%も低下し1か月で、1〜2圓眩加する計算です。また免疫力も低くなり、病気しやすくアトピーやアレルギー体質になることも。自律神経失調症にもなりかねません。このような状態で、ダイエットをしても、結果が出にくいのは当然のことかもしれません。

体温を1度上げるだけで、健康な体を手に入れダイエットもスムーズ に進むのです。ダイエットを志す方は、まず体温を測ってみてください。35度台の人は、無理な食事制限をする前に、自分の置かれている体の状況をまず理解することから始めましょう。 まずは「低体温」になった原因から。

人間の体温調節

人間の体の体温コントロールに大きくかかわるのは自律神経で、このうち活動や緊張時に働きをするのが「交感神経」、逆に休息やリラックス時に働くのが、「副交感神経」。両者は日常的には交互にバランスよく働いています。一例をあげると、寒い時には交感神経が活躍して皮表の血管を収縮させ熱の放散を防ぎますが、暑い時には副交感神経により、皮表の血管が拡張して、熱を放散させています。

女性の多くが悩まされている「冷え」は、実は交感神経の緊張が原因。熱の多くは筋肉でつくられ、血液が全身に運搬しています。しかし、多忙な毎日からくるストレスや睡眠不足、不規則な生活をしていると、交感神経が緊張状態になり、血液を運ぶ働きが弱まります。ましてや運動不足による筋力の低下で拍車がかかるというわけです。交感神経は血管を収縮させる作用があるので、血液量が減少し全身血液循環量も減少。これにより体温が下がってしまいます。

一方ストレスが続いた状態では、交感神経が緊張して白血球中の顆粒球が増加します。顆粒球の増加もまた低体温の一因となります。

ダイエットを阻害する悪のストレスホルモン

低体温の原因の1つに、「ストレス」が影響していることはご理解頂けたかと思います。このストレスは他にも、ダイエッターにとって恐ろしい影響を及ぼすのです。

それが悪のストレスホルモン「コルチゾール」の存在です。

コルチゾールとは、そもそも脳でストレスを感じた時、脳 の視床下部から分泌されるホルモンで、ストレスを緩和させる働きをする、生体にとって必須ホルモンでもあります。

しかし現代人はストレス社会と称されるように、日常的にストレスにさらされていると言われています。無理なダイエットをされている方もそれをストレスと脳が感知し、コルチゾールを分泌します。そういう生活が続くと、ストレスホルモンコルチゾールが常に垂れ流しの状態になり、体のあちこちで悪さをし始めるのです。

まず、水分代謝機能を妨害され体が水分を溜めこむようになり、女性の悩みに多い「浮腫み」の原因になります。そして、ダイエットに重要な「成長ホルモン」の生成をも阻害し、脂肪燃焼力も弱まります。さらには、筋肉量の低下で筋肉が痩せ細り基礎代謝までも低下するのです。

「そんなに食べていないのに太っている」という人はストレスが影響している可能性が考えられます。

インディバのできること

低体温そしてストレスというのは、痩せたい女性にとって、排除しなくてはならない大きな課題とも言えるでしょう。インデイバはそれを可能 にしてくれるものです。

photo

その理由は、一般的な温熱機器が体の外側から熱をあて、皮表で温められた血液が体中を巡ることで体が温まるのに対し、インディバは高周波エネルギーが細胞の摩擦熱「ジュール熱」を発生させることで体の中で熱を発生させ、温度上昇を起こさせる「深部加温」へと導くことにあります。

深部加温により体内で温められた各組織が目覚めると、血液やリンパの流れが活発になり、新陳代謝がアップし、冷えてセルライトが固まっている、リンパの流れが滞り老廃物が溜まっているといった状況を体の中から自力で改善していくようになるのです。

photo

また、この温熱作用がコルチゾール減少させることも確認されています。

このような正常な体の働きを取り戻すためのお手伝いをするのがインディバのトリートメントといえます。

コンテンツのトップ

電話:042-734-9169 ご予約はお電話で
営業時間:
定休日
サイト情報
メディカルダイエット・サララは熊本県でセルライト除去と耳つぼダイエットを行うエステサロンです。